違反広告報告書が届きました。電柱に貼るのは違反ですのでご注意を…

その他 トラブル・クレーム解決事例

12月に入りました。師走です。この慌ただしくなる時期、強烈にディスりまくったブログを書きました。手短にいきます。

屋外広告物条例というのをご存知ですか?

これは宅建協会の人材育成係が、宅建業の健全な発展と消費者保護に関する事業を行い、社会的地位向上のために行われているものです。

消費者保護~~~?よく分かりません。どこが消費者保護なんでしょうか?意味が分かりません。

電柱に捨て看を貼ることは条例違反

はい、我々不動産業者というのは売り物件への誘導を促すため、公共物(電柱・カーブミラー・街灯・ガードレール)等に貼る捨て看板と言われるものを貼る事があります。

これを貼るのはほぼ不動産業者です。

その業種別割合は、不動産業者が 90%超! だそうです。

福岡県は特に厳しい

県の条例ですので、県によっては厳しい所とそうでない所があるようですが、福岡県は不動産の激戦区ですので、特に厳しいようです。

条例に違反すること=不動産業界の信用を失墜させる行為とのこと。

それで先日、写真の通り、厳重注意!を受けました。

これでも辞めずに継続させた場合、どうなるのか?県等の指導により聴聞会にて事情聴取が行われるようです。

分かりましたよ、もう一切しませんよ!

不動産広告は世のため人のため

個人的な意見を述べたいと思います。

条例だの法律だの何だの言われて業者を叩くだけ叩いていますが、本当にそれでいいのでしょうか?

矛盾していませんか?

日本は「事なかれ主義」です。事が起きて何か事件や事故が起きるようなことであれば予め撤去しておこうという風習があります。

公園の遊具が代表的な例です。少しでも危ない遊具があれば直ぐに撤去させようとします。

それでは子供たちが自由に遊ぶことができなくなります。それでいいのでしょうか?

それと不動産広告とどう関係があるのか?については、これを書いている自分でも分かりませんが、屋外広告物条例だか何だか知りませんが、それを電柱に貼っただけで何か問題があるのでしょうか?

逆にそれをすることによって得する人たちのほうが多いような気がします。少なくとも誰も損する事はありません。

「あ、家が売りに出ている、ちょっと見に行こうか」と思う人が1人でも多くなれば、それは世のため人のため、ひいては地域活性化・経済の活性化の為でもあると思います。

消費者保護?う~ん、その意味が分かりません。宅建協会の人材育成係…。よっぽど暇なんでしょうか。

おそらく全うに広告費を払って宣伝している「業者からのクレームがあるから」といったところでしょうかね。

もしこのディスりブログを読まれていたら、それはそれでまた厳重注意してもらって構いませんよ!

始末書でも何でも書きますから~~~!!!! これくらいにしておきます。

もう貼りませんから、ご勘弁願います。

Fudousan Plugin Ver.1.7.14